お弁当やテッシュケースに!尺三巾(しゃくさんはば)約50cm

風呂敷は正方形と決め込んではいませんか。
実は正方形ではなく一寸(約
3センチ)ほど上下が長くなっています。

一方が長いと斜めに引き合う力が生まれてきて、伸縮作用が働いて
使いやすくなるからです。

ハンカチや座布団も一方が少し長いですね。

ただし近年は正方形の風呂敷も多く生産されてきています。

優れた機能性

風呂敷は包むばかりではなく、その美しいデザインと機能性で毎日の
暮らしを彩ります。

たとえばインテリアファブリックやファッションとしてなど、
自由な発想で楽しく使うことができます。

包み上がりをきれいにするには、まず中身の大きさに適したものを
選ぶのがポイントです。

対角線の三分の一ぐらいならすっきりと美しく包めます。

ある程度融通が利く風呂敷ですが、中身に対して大きすぎてしまうと
布がだぶついてしまい、小さすぎてしまうと包んだものが見えてしまって
気品が損なわれてしまいます。

できれば中身とサイズにこだわりたいものです。

風呂敷の大きさの基本は左右の巾です。
つまり左右の長さが基本で、
34センチを一幅として倍の68センチは
二幅といいます。

大きさは布団類や引っ越しなどに使用する230センチ(七幅)から
熨斗袋などに使用する
45センチ(中幅)まで、様々な大きさのものが
販売されています。

こたつカバーやタペストリー、テーブルクロスにとインテリアを
演出し見せたくないところを隠してくれるのが大判のものです。

114センチや128センチくらいで綿素材のものは、洗濯も家庭で
できますのでお勧めです。

50センチ(尺三巾)の綿素材のものは、お部屋でも大活躍します。

楽しく使う

ティッシュボックスを包んだりランチョンマットにしたり、
下駄箱の上に敷いたりお弁当箱をかわいく包んでみたりと
自分流の使い方を楽しむことができます。

テイッシュボックスはインテリアの邪魔をしがちな存在ですが、
部屋の雰囲気に合わせた布でぱっとくるむだけで簡単で季節に
あわせた着せ替えも簡単にできます。

また学校や職場で楽しみなお弁当ですが、季節や中身に合わせて
風呂敷の色柄を選べばより一層おいしく感じられます。

風呂敷はモノに合わせて形を変えられる超便利な布!

物を持ち歩くときには、様々なバッグなどの入れ物を利用します。

しかし、持ち歩きたいものの大きさに応じていくつものバッグを準備して
おかなくてはならず、不便に感じることも多いものです。

大きさだけではなく物の形などもそれぞれ違いますから、それに合った
入れ物を準備するとなると意外と大変ですし、入れ物の収納にも困って
しまうという事も多いでしょう。

普段持ち歩くカバンとは別に、サブバッグをいくつも所有していて
収納に困っているという方も多いのではないでしょうか。

そこでお勧めのアイテムが風呂敷です。昔から愛用されているもので、
なんとなく古臭いと言いうイメージを持ってしまう方も多いのでは
ないでしょうか。

しかし、風呂敷はモノに合わせて形を変えて使うことができる便利さ
もあるのです。

包みたいものより大きな風呂敷なら、包み方でぴったりのサイズに
合わせることができます。

多少物が増えても対応できますから、出先で荷物が増えそうなときにも
持っておくと役立ちます。

ぴったりサイズ

お酒の瓶など普通のバッグに入れにくいものでも、包み方を工夫すれば
見た目も美しくオシャレに持ち歩くことができます。

普段は畳んでコンパクトにしておけますから、カバンに入れておいて
荷物が増えた時に広げて使うという事もできますし、収納しておくとき
にも場所をとらずに済んで便利です。

ものを包んで使うだけではなく取っ手などを付けて結ぶことで、
バッグの代わりとして使う事もできます。

外出時の荷物の持ち運びにも役立ちますし、家の中でシーズンオフの
洋服などをまとめておくなどという形で活用することも可能です。

揃える

ものを包む以外にも、一枚の布であるという事を生かしてテーブルクロスや
敷物として活用したり、いくつあっても邪魔にならずに使うことができるので、
サイズ違いでいくつか用意しておくと便利です。

その日のファッションに合わせて使えるように、色合いの違うものなどを
揃えておくのもよいでしょう。