着物を包んだり風呂敷バッグに!二四巾(にしはば)約90cm

風呂敷はいろいろな大きさのものがあります。

サイズの種類は基本だけでも約10種類もあると言われており、それぞれに
使いやすい特徴があるということです。

エコバッグやのれん、テーブルクロスなどにも使うことが出来る大きさのものが
二四巾というサイズなのですが、この大きさは風呂敷の中でも二巾と同じほど
人気があるサイズだといいます。

人気のサイズ

風呂敷の基本サイズは最も一般的な大きさで菓子折りなどを包むのに適している二巾、
それよりも約
30センチほど大きい二四巾などが人気です。

この大きさ以外にも、金封包みやお弁当包み、ティッシュ包みといった小物類を
包むのに適している約
45センチの中巾、二巾よりもひとまわり大きく、菓子折りを
包むことなどにも適している約
75センチのニ尺巾、そして二四巾と同じくエコバッグ、
のれん、テーブルクロスなどにおすすめの約
105センチの三巾があります。

他にも座布団4客やソファーカバーに適している約128センチの四巾といった
豊富な大きさがあるので、自分が使いやすいものや包むものにあった大きさのものを
選ぶことが大切です。

和服を運ぶ

風呂敷の二四巾で着物を包むときは、風呂敷を広げて帯・着物・長襦袢の順番で
重ねていきます。

そのうえに、衿芯や腰紐・伊達締め・枕・帯締め、そして帯揚げや肌着・タオル類と
いった小物一式を重ねましょう。

タンスにしまときに着物を包むたとう紙はここで外しておきます。

足袋や肌着が新品の場合もビニールなどは外しておくことが大切です。

着物を二つ折りにして小物類の上に重ね、その上に、前板やヘアセットをする場合は
髪飾りを上に置いておきます。

風呂敷の四方を結び、草履は箱から取り出し袋に入れておくといいです。

大きめの紙袋に包んだものを縦にして入れて、その間に草履とバッグも挟み
入れたら完成です。

紙袋を選ぶときは、あまり大きすぎなくて、包んだものがピッタリ収まる
くらいの大きさのものを用意しておくといいでしょう。

ビンを包んだり菓子折り包みに!二巾(ふたはば)約68cm

風呂敷は昔から日本で長く愛用されてきたものですが、最近は海外からの
旅行者にも人気が高いといいます。

風呂敷には様々なサイズがあり、特に菓子折り包みにちょうどいい大きさだと
人気があるのが二巾です。

二巾とは、約68センチから70センチの大きさで、ギフトを包むときに適した
サイズだと言われています。

風呂敷のサイズは基本だけで10種類あります。そのサイズは「巾」という
横の長さで表され、一巾は約
36センチ、そのおよそ倍となる68センチが二巾と
呼ばれています。

形は必ずしも正方形ではありません。二巾は風呂敷の基本の大きさとして
考えられており、使い勝手もよく人気が高い大きさです。

ワイン

他にも風呂敷の大きさには、冠婚葬祭時のふくさ包みやお弁当包みにも便利な
中巾は約
45センチ、一升瓶やワイン包み、エコバッグにも利用することが出来る
二四巾は約
90センチ、テーブルクロスやショッピングバッグとしても活用する
ことが出来る三巾は、約
100センチから105センチです。

この他にも、ソファにかける布など、インテリアにも利用している人が多い
四巾は約
128センチ、婚礼時の布団や座布団の包み、収納などにも活用出来る
五巾は約
175センチになっています。

このように、基本的な大きさだけでも様々な用途に使うことが出来るので、
風呂敷の大きさの基本だけで
10種類あるというのはとても考えられたもの
だといえます。

瓶

ビンを包むときにはこの大きさのもので色や柄のよいものを選んで利用しましょう。

包み方は、まずビンを中央に立てて置き、手前の端と奥の端をビンの口元で
真結びします。左右の端を持ち上げて、ビンになるべくそわせるように気をつけ
ながら後ろに回し、後ろで交差させて手を持ち替えましょう。

手前に回しながらビンを寝かせ、安定させて真結びをしたら、ビンを起こして
真結びを整えて一本包みが出来上がります。

持ち手を作るときは、ビンの口元でした真結びの結び目を一つほどいて、
くるくると左右反対方向にねじり、ねじった両端で真結びをして持ち手を
作って完成です。