似顔絵をオリジナルTシャツにするには

似顔絵というのはプレゼントにも最適です。相手に対する感謝や敬意や好意など強い気持ちを込められることが出来るのが似顔絵です。プレゼントする方法にはいろいろな方法が考えられますが、オリジナルTシャツとして、Tシャツに似顔絵をプリントしてプレゼントするという方法がおすすめです。

Tシャツというのはもちろん着るものとしても実用的だし、飾っておいても記念品として映えるというアイテムです。オリジナルTシャツの作成には、自分で持ち込んだ図案を印刷してくれるお店もあります。

また、ショップに注文するという方法以外だと、自分で印刷するという方法もあります。

アイロンと転写シートがあればアイロンプリントで文字やイラストをTシャツにプリントすることが出来ます。

作り方はいろいろですが、どの方法でも気持ちさえ強く持っていれば、込めている気持ちの大きさは変わりません。

手先の器用さに自信のある方もない方も、自分にあった方法で素敵な似顔絵がプリントされたオリジナルTシャツを作成することは可能です。

オリジナルTシャツを作ってみる

自分だけのオリジナルグッズを作りたい、そう思われている方は多いです。オリジナルグッズの中でもTシャツは特に人気が高く、自分だけのオリジナルTシャツを作られる方が増えています。

特に印刷会社がおこなっているプリントサービスを利用している方が多く、イベントやプレゼントなどで大量に必要としている方は印刷会社に注文をしている方が多いです。

大量注文の場合では多くの印刷会社で割引をおこなっており、少数の注文よりもお得に注文できるケースが多いです。1枚から注文できるお店も多いので、試しに1枚作ってみたいという方は1枚から注文可能なお店を利用しましょう。

デザインデータを持ち込む以外にもお店のデザイナーさんに依頼してデザインしてもらう事も可能で、デザインするのが苦手という方でも自分だけのオリジナルTシャツを作る事ができます。オリジナルTシャツプリントならにお任せ自作等、希望にかなうものが作れるはず。

日本製のTシャツにプリントできるお店も増えてきていますので外国製のシャツで作るのは嫌だという方は日本製のシャツが選べるお店で注文するようにしましょう。また日本製のシャツは外国製のシャツよりも少し高めの値段設定になっているケースが多いです。

チームのオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツとは何でしょう。Tシャツの素材や形、サイズは数多の中から選べて、その前身頃及び背面にチームオリジナルの好きなデザインをプリントしてもらうサービスです。

若干値段は高くなりますが、文字等を刺繍してもらう事も可能で、本格的な仕上がりにリピーターが増えて来ました。
近年、大学のサークル等で新人を募集する際、このオリジナルTシャツを着用し、自分達で活動内容の記事を書き、新聞の様にして配布して更に仲間を集めるという手法がブームです。

チームカラーの強いオリジナルTシャツを着ると結束力が高まると言う人、より活動に身が入ると言う人等様々ですが、お揃いのユニフォーム替わりのTシャツ姿の記事を読むと、楽しく皆で頑張っているという印象を強く受けます。

形から入る事を否定する人もいますが、お揃いの格好をするという単純な行為が、チームワークをより円滑にする材料になっていることは間違いなさそうです。

またデザインのスキルが年々本格化している点にも注目すると面白いですよ。

オリジナルTシャツ制作にかかる期間

学園祭などのイベントや、飲食店で使用するオリジナルTシャツを製作するための期間は人それぞれです。

自分でデザインすることができない場合にはデザイナーに頼む必要があるため、使用するデザインの決定をしてTシャツを制作するまでの時間がデザインを自分で考えた時よりも多く必要となってしまいます。

デザイナーによるオリジナルTシャツについての見積やデザインの確認を行う必要があるので、何日までに納品して欲しいという期限がある場合には、余裕をもって早めに相談しておくといいでしょう。
気に入ったデザインができるまでに思ったよりも時間がかかってしまう場合があるからです。

デザインを行う際には最低金額が設定されていますが、別途費用が掛かってしまう場合があるので、事前に確認しておきましょう。

自分でオリジナルTシャツのデザインを行う場合には相談したり確認をする作業が無いので、注文をしてからだいたい5日くらいで配送を行ってくれます。

長持ちプリントTシャツ

プリントTシャツを長持ちさせるには、いくつかの方法があります。

まず濃い色の衣類からの色移りを防ぐために、洗濯の際に色分けをします。

また、ネットに入れて洗濯すれば洗濯物どうしが絡み合うことがなく、Tシャツがヨレヨレになってしまうのを防ぎます。
ネットに入れる際、Tシャツを裏返すことでプリント面のこすれを防ぎ、長持ちさせることができます。
洗濯が終わったらすぐに干します。

洗濯機の中に長時間放置すると色落ちの原因になります。
干すときに軽くシワを伸ばし、直射日光が当たらないようにします。

強い紫外線はプリントTシャツにとってダメージの原因になります。
ハンガーにかけて干すと、首回りの伸びにつながるため、洗濯バサミを使って袖のほうをつまんで干します。

もしハンガーを使うのであれば、胴の部分で二つ折りにして掛けると首回りが伸びません。

洗濯以外でも、同じTシャツばかり着るのではなく着回しをする、脱ぐときに首回りが伸びないように注意する、といった方法でさらに長持ちさせることができます。

オリジナルTシャツを少枚数で安く作る

どんなものでもそうですが、オリジナルのものを安く作るには大量生産を思いつくでしょう。しかし、数年前1枚からでもオリジナルTシャツが作れると有名になった某大手企業などもあり、何も大量生産しなくてもできます。

オリジナルTシャツ 制作、少枚数などのキーワードでネット検索をすれば、たくさん出てきますし、また価格 ドットコム などで口コミや値段などを調べることもできます。

某大手企業のように1枚から格安で作ってくれるところが近頃増えて居ますので、ネット検索すればたくさん出てきます。

ニーズにあったところ、デザイン、最低枚数などなど比較できるのも便利ですね。

少枚数といわずたったの1枚から世界に一つだけのあなたのオリジナルTシャツが作れるのが便利な世の中になりました。

まずはネットで検索して小枚数ならその枚数、1枚単価のお値段など、企業に直接お電話で相談するなり出向いてするなりしましょう。

サービスで無料で1枚サンプルなどを作ってくれる会社もあるようなので、じっくり検討してみてください。

団体割引でオリジナルTシャツ作成の費用を抑える

製品は製造ラインを貸し借り、大量に生産した方が一つあたりの費用が下がります。

規模の経済性という言葉の通りです。それは大企業だけに該当するものではありません。

例えば、企業や大学生のサークルがお世話になっているオリジナルTシャツ作成代行サービスも同じです。

極端な例ですが、オリジナルTシャツの作成代行を一枚だけ頼むより、まとめて団体で注文した方が単価が落とせます。団体割引をサービスとして設ける代行サービスもありますので、経費を上手く抑制したい方々は、小規模な注文をあえてやめ、200枚、300枚とドカンとオーダーするのがベストです。

ユニフォーム的に使うオリジナルTシャツであれば、費用を掛けてしっかりとしたデザインを作成する必要があります。

ただ、サークルの期間限定のイベントや企業の一過性のPR活動なら、むしろシンプルな形で費用削減を狙った方が良いでしょう。

ロゴだけのシンプルなデザインなら、印刷と作成に掛かる時間も少なく、月曜日に依頼したアイテムが週末には完成し、送付されます。

オリジナルTシャツの魅力

オリジナルTシャツの魅力は世界で一つだけのデザインのものを楽しめることで、以前から人気がありましたが耐久性に難のあるアイロンプリントや専門的な技術が必要なシルクスクリーン技法のものがほとんどでした。

しかし最近は自分で行うのはデザインの図案のみで、あとは業者にそのデータを入稿するだけという簡単な方法が浸透しており、より気軽に楽しめるようになっています。

実際に店舗に持ち込むだけでなくネット経由で送信するだけという手軽さも手伝い、一般の方でも簡単にオリジナルTシャツが作成できるようになりました。

以前は会社関係のイベントなどで着用する制服やノベルティグッズといった注文数の多い注文でしか受け付けないようでしたが、現在では一枚からの注文でも受け付けてくれる業者も増えてきています。

仕上がりに関しても市販されているものとそん色なく、デザイン図案を描く際に使用するソフトもプロが使うグラフィックデザインソフトですから、センス次第では販売できるクオリティのものを作成することもできるのが魅力です。